fbpx

JOURNAL

肌の黒ずみが起こってしまう原因

2021.02.22

肌の黒ずみに悩む女性はとても多いです。

年齢を重ねていても肌が明るいと、若々しい印象を与えることができます。

逆に肌が黒ずんでいると、疲れた印象や老けた印象を与えてしまいかねません。

そのため、肌の黒ずみに関して悩んでいるという女性は多いものです。

肌が黒ずんでしまう原因はさまざまです。

それらの原因を理解して、意識しながら生活を送れば、綺麗な肌を維持できるようになります。

今現時点では悩んでいないという場合においても、予防という意味で知識や対処法を蓄えておくと良いでしょう。


【乾燥肌だとなりやすい】

肌の黒ずみは、メラニン色素が沈着することによって生じます。

これは誰にでも起こりうることではありますが、乾燥肌の場合は特に沈着しやすいとされています。

メラニン色素は、肌のターンオーバーが正常でないと、沈着しやすく黒ずみに繋がります。

このターンオーバーが乱れる原因のひとつとして、乾燥肌が挙げられているのです。

入浴後のスキンケアや部屋の加湿などに注意して、乾燥肌にならないよう心掛ける必要があります。


【摩擦には要注意】

メラニン色素が肌に沈着してしまうのは、皮膚内においてメラニンが過剰に生成されているためです。

外部からの強い刺激があった場合などに、肌を守ろうとして過剰に生成されます。

例えば入浴中にブラシで身体を擦ったり、入浴後に必要以上の力で身体を拭いたりしている人は多いと思いますが、そういった何気ない行為であったとしても、摩擦の刺激によって過剰に生成されてしまいます。

日ごろ身体を強く擦ってしまうことが多い人は、すでに肌に部分的な黒ずみが発生している可能性があります。

強く肌を擦る行為は、肌のバリア機能が低下してしまう可能性があることを理解しておきましょう。


【改善するには】

肌の黒ずみを改善するためには、まず引き起こす原因となるものを断ち切ることが大切です。

肌の乾燥が原因で引き起こしやすくなっているなら、肌の保湿をしっかりとして、肌のバリア機能を高めることが重要です。

肌の摩擦が原因で黒ずみが起きている可能性がある場合は、肌への摩擦を少しでも減らすことを意識してみましょう。

肌を洗う時は泡で優しく洗ったり、身体を拭く時もごしごし拭くのではなく、優しくタオルに水分を吸い取ってもらうような感覚を意識してすると良いでしょう。

また、黒ずみのケアアイテムも多く市場に出回っているため、それらを併用して使ってみるのもおすすめです。