fbpx

JOURNAL

これってNGかも?デリケートゾーンの洗い方

2021.04.08

デリケートゾーンを正しい洗い方で洗っていますか?

間違った洗い方をすると傷つけてしまうことも…

今回は正しい洗い方を解説します。


【正しい洗い方が重要】

デリケートゾーンといえば、女性の多くがにおいを気にしたりする場所です。

そのためこの部分のケアはしっかりとやっておきたいものでしょう。

においなどが気になる場合、しっかりと洗うことでにおいを解消しようとするかもしれません。

しかし洗い方を間違えてしまうと、デリケートゾーンの状態はさらに悪化したりトラブルを引き起こす原因になってしまうこともあります。

清潔な状態に保つことを考えるのであれば、間違った洗い方をしている場合はそれを正して、しっかりとケアしていくことが大切です。


【強くこすっちゃだめ】

汚れやにおいが気になるという場合、無意識に強く擦ってしまうこともあるかもしれません。

しかし、デリケートゾーンは皮膚が薄くとても繊細であるため、ごしごしと強く洗うのは間違ったケア方法です。

洗浄力の強い石けんで強くこすってしまうような洗い方をすると、皮膚の傷から雑菌が繁殖してしまうだけではなく、その摩擦でデリケートゾーンを傷つけてしまう可能性もあります。

できるだけ刺激を与えないようにするのであれば、専用の石けんや弱酸性の肌に優しいソープを使うというのも大切です。

身体を洗うソープとは別に用意して使い分けるようにしましょう。


【洗う場所にも気を付けよう】

デリケートゾーンを綺麗に洗おうとすると、徹底的に洗おうと思ってしまう人も居るかもしれません。

確かにデリケートゾーンは汚れが溜まりやすい場所ではあります。

しかし洗い方として、膣内まで綺麗に洗浄しようとするというのは間違った洗い方です。

膣内は酸性に保つために善玉菌を育てるという作用を持っています。

何かしらのトラブルがない限り、膣内の働きによって正常な状態を保っていきます。

しかし膣内をボディソープで洗ってしまうと、膣内の環境自体を壊してしまうことになってしまいかねません。


【生理中は要注意】

女性であれば月に1回訪れるのが生理です。

デリケートゾーンというのは基本的に繊細なので、強く洗うというのはどのタイミングでもNGですが特に生理中は気を付けなければいけません。

この時期は特に優しく洗うという洗い方を意識していきましょう。

生理期間中は発するにおいもきつくなってしまうので念入りに洗いたくなってしまうかもしれません。

しかし通常の時よりも肌が敏感になっていることが多いので、強く擦らないことと、気になる場合はシャワーで血を流す程度にするなど洗い方に注意をしてトラブルが起きにくい状態を作り出すようにしておきましょう。